ときには大胆に行動を

笑顔のレディ

距離を縮めるときのコツ

脈ありのサインは女性の方がわかりにくいことが多いです。八方美人タイプが多かったり、その逆に表情を取り繕うのがうまかったりするためです。ですが、基本的に女性は男性からのアプローチを待つ存在なので、本当に脈ありの相手にはきちんとサインを出します。脈ありなのか、思わせぶりなのか確認するためには、ときには思い切った行動をとることも大切です。女性が出す脈ありサインで代表的なものは、目が合う、目が合うと笑顔になる、よく話しかける、ボディタッチがあるなどです。ですがこれらのサインをたいていの男性に無意識に行ってしまう女性もいます。こうした女性はよく男性に脈ありだと勘違いされてしまうので、モテることも多いのです。見分けるためには、食事に誘う、デートに誘うといった具体的な行動をとるのがおすすめです。そういった誘いに乗ってきてくれるのならば、脈ありである可能性が高いといえるでしょう。ただ押しに弱いだけの可能性もあるので、真剣に交際したいのならば、言葉で確認をとっておくのも大切です。そこまでの反応はないけれど、悪くない感じがするというのならば、日常生活やメールなどで少しずつ距離を縮めていくとよいでしょう。「お疲れ様」というねぎらいの言葉をこまめにかけたり、差し入れをしたりするのがおすすめです。メールやSNSなどで、しつこくならない程度に連絡をし、存在をアピールしておくのもよいでしょう。反応がよければ次の手に進んでもいいかもしれません。

Copyright© 2017 婚活は20代からはじめても早過ぎない【結婚相手を見つけよう】 All Rights Reserved.